自転車ショップの上手な使い方

日本は、世界から見ても自転車を交通手段として使用する数多い国の一つです。その分利用者が多いため、自転車ショップは私たちの生活でとても重要な役割を担っています。普通に店を利用するのも悪くありませんが、今から記載する情報を頭の片隅に置いておくと、より自転車ショップを有効活用することが出来るでしょう。

自転車ショップの選び方

自転車ショップを選ぶ際に必要なのはなんでしょう?品揃えですか?在庫量ですか?それとも値段ですか?どれらも重要ですが特に必要なのはスタッフの技術力・人柄と立地でしょう。

自転車はタイヤがパンクしたり、部品が故障したりやはり近くに建っている方が便利です。そして自転車ショップはサービス業です。気持ちよい接客をしてくれる店は、修理をする頻度も多い為、自然と技術力も知識も上がっていきます。

スタッフの人柄を知るためには、空気入れや点検をしてもらいましょう。快く引き受けてくれる店は良い店の場合が多いです。

店内の様子を観察することも良い店を見極める際には大事なことです。お店は試乗用の自転車を用意しているか?工具が整理整頓してあるか?お店は繁盛しているか?全ての要素を満たす必要性はありませんが大体満たしていればそのショップは良い店だと判断できます。

特に大型店より小型店を選ぶと自転車仲間を作ることができたり共通の趣味を持つ仲間ができたり繋がりを持つことができます。一方大型店では、品揃えが多いため気に入った自転車があったのにも関わらず、気に入った色やジャストサイズがないことでがっかりすることを回避することができるでしょう。