自転車用品店の上手な使い方

サイクルあさひやY’s roadなど、全国規模で展開する自転車用品店のお世話になっているサイクリストは多いのではないでしょうか。

実は、自転車用品店で自転車を買って終わり、というのはかなりもったいない使い方です。この記事では、そんな自転車用品店の上手な使い方をいくつか紹介してみたいと思います。

盗難、傷害保険などのサービスを徹底活用する

例えば、サイクルあさひには、「サイクルメイト」というサポートサービスがあり、盗難補償や傷害補償、その他購入後の点検が無料になるなどの総合保証サービスが利用できます。もしもの時のためのアフターサービスが充実しているのは、自転車用品店ならではのメリットであり、オンラインストアなどにはなかななマネできないサービスです。

スタッフにいろいろきいてみる

専門店には、知識や経験豊富なスタッフが常駐しています。スタッフ自身自転車を趣味にしていることも多く、レースの情報やおすすめサイクリングスポットなんかも聞き出すことができます。もちろん、お店でパーツやウェアを買うときにアドバイスを受けることもできます。

イベントに参加してみる

自転車ショップが主催するイベント、催し物はかなりの頻度で開催されています。レースイベントや最新モデルの試乗イベントなどはもちろんのこと、ほかに類をみないユニークなイベントもあり、普段自転車に乗らない人でも楽しめるイベントが盛りだくさんです。公式ホームページなどをチェックして、実際に参加してみるのがおすすめです。